クマ治療をする

  • いろいろなマンション

    加齢によってできる目のクマは、その治療は美容外科による外科施術で治すことができます。その原因となっている眼窩脂肪のせり出し状態を眉下切開法や経結膜脱脂法によって脂肪を取り除くことで、クマを治療します。 その施術を行うのが美容外科となります。美容外科は身体の各部位の表面器官や組織の形を作り変えることを目的としています。審美面にも重視を置いて体の形状の修正治療を行うのが美容外科の特徴であり、目の下のクマを解消するだけでなく、目元やその周辺部の審美性を考えて、綺麗なラインを作ることも優先して施術を行います。 施術を担当するのは、形成外科の出身の医者となります。その多くが大学病院の形成外科で研修を受けて一般整形外科から美容形成外科へと移ってきた医師です。

    一口に目のクマと言ってもその種類は複数あり、それぞれ治療法も違って来ます。クマの種類としては影グマや紫グマ、茶グマがあります。 例えば影グマならば目の下の膨らみが原因で影が出来て、それがクマのように見えるのが原因です。そこで膨らみの原因である眼窩脂肪を取り除くための施術を行うことになります。施術方法としては脱脂法や眉下切開などがあります。また切らずに施術が行える、ヒアルロン酸注入も症状が軽い場合には用いることがよくあります。 茶グマについても対処法が違って来ます。茶グマは紫外線や体に合わなかった化粧品などが原因で発生をします。クマそのものの原因は色素の沈着であるため、その色素を破壊するレーザー治療が最適となります。