豊胸手術

  • ソファのあるリビング

    豊胸手術にはシリコンジェルや生理食塩水を入れる方法、ヒアルロン酸を入れる方法、自分の脂肪を入れる方法の三つがあります。一番サイズを大きくできるのがシリコンジェルや生理食塩水を入れる方法です。シリコンバッグの大きさや形次第で、希望どりのバストにできます。半永久的に効果が持続するのもシリコンや生理食塩水の特徴です。 ヒアルロン酸注入による豊胸手術はプチ整形の部類に入ります。メスを一切使用しないので皮膚に傷をつけることなく、注射を打つだけでバストのふくらみが手に入ります。ダウンタイムもなく、すぐに日常生活に復帰できます。ただし、効果が長くて2年くらいしか持続しないので、定期的にメンテナンスをする必要があります。

    豊胸手術の中で特にメリットが大きいのが脂肪注入法です。脂肪注入法による豊胸手術とは、自分の体の中の痩せたい部分から脂肪を取り除いて、その取り除いた脂肪をバストに入れる方法です。自分自身の脂肪を胸に入れてバストアップができるので、アレルギーや副作用などの心配がなく、自然な触感や形の胸になります。シリコンや生理食塩水などを入れたときのようにレントゲンに写らないので、何かの病気で病院で治療をうけるときや健康診断をするときなども安心です。 そしてお腹周りや太ももなど、痩せたい部分の脂肪も落とせるので一石二鳥です。ウエストから脂肪を取ってバストに脂肪注入をすれば、メリハリのあるボティラインが手に入ります。